So-net無料ブログ作成

ウロボロス漫画第18巻~前半~ あらすじと感想(ネタバレ有り) [コミック]

◆ウロボロス第18巻~前半~


崖下に転落した車から辛うじて逃げ出した美月那智の二人ですが、
怪我をしたこのままの状態では、いずれ公安の赤鼻に見つかって
やられてしまいます。


美月と那智は赤鼻と戦う決心をしました。



深い霧の中、森の中を彷徨う那智の前に赤鼻が立ちはだかります。

喧嘩してもチョー弱い那智は、あっという間に赤鼻に降参します。

スキを見て自分の体ごとスタンガンで電流を流し、赤鼻の動きを止めた
ところに美月が現れ、銃で赤鼻の右肩を撃ちぬきます。




その数分前にはイクオが崖下に落ちた車を見つけたところで蝶野に再会
していました。

蝶野は今では聖隊を抜けて、別の任務についていることをイクオに明し
ます。



そして、タツヤの話を出して、イクオがタツヤの生死を知らないことを
確認します。

そうなんですね、蝶野は裏カジノ船から海に落ちたタツヤを救ったんです。

そして医者に連れて行って手当をしてやったのですが、その後タツヤは
行方をくらましてしまいました。

まだイクオのところにも連絡が無いことが分かったんです。


でも、なぜ、タツヤはイクオに連絡をしてこないんでしょう?
何か特別な事情があるのかもしれません。

既にどこかでくたばってしまったのでしょうか?



その時、森の中から銃声が聞こえます。

そうだ、今は日比野さんのことを探していたのでした。



美月と那智を見つけたイクオは美月を誘拐した犯人の那智に襲い掛かります。

やめて龍崎さん

美月の声に、我に返ったイクオは那智への攻撃を中止します。




美月から那智のことを誘拐犯というよりもむしろ美月を助けてくれた人である
ことを知らされ、ウロボロスのネックレスを受け取ります。


那智は、まほろばの家の幼なじみであることをイクオに告げますが、イクオは

どーも、はじめまして」とあいさつします。

イクオは那智のこと覚えていませんでした。笑;


仕方なく、那智は段野にシスコンと言われていたと言ったとき、イクオは思い出
します。

ああ、あのヒナちゃんのお兄さん....


イクオは那智がまほろばでの幼なじみだったことを思い出し、タツヤとのことも
既に那智から美月に話をしていることを知らされます。


バレタ?日比野さんに....


そうなんですね。ここでイクオとタツヤの関係も、結子先生の復讐の為に警官に
なったことも全てが美月にばれてしまったのです。





なにもかも知った美月とイクオ、那智の3人は、日比野監察官小夏が待つ廃ホテル
へ向かいます。


なんとそこには頭を鈍器のようなもので殴られて気絶した小夏と、奥には大の字で
倒れ込んでいる日比野監察官の姿がありました。


日比野監察官は心臓を銃で撃たれて即死です。


美月は父親の遺体を見た瞬間、そのまま気を失ってしまいます。




◆◆第18巻~前半~を読んでの感想◆◆


今回かなりショッキングな展開になってきましたね。

第17巻では聖副総監が更迭され、今度は日比野監察官が殺害されてしまいます。

イクオとタツヤが金時計の男と疑っていた人物が二人とも、対象から外れてしまいます。

一体金時計の男とは誰なのか、その正体はまだ判りません。

でも、まほろばの謎はだんだん解明されてきましたね。


子供たちの克明な記録がサオトメという医師のサイン入りのカルテとしてICチップに
保管されていること。

そのチップを公安は奪おうと狙っていること。

あくまでも公安はまほろばのことを闇に葬ろうと躍起になっていること。


金時計の男の正体は公安を自由自在に操るほどの権力を手にいれている人間。

聖副総監や日比野主席監察官でさえ力が及ばない権力をもった人物。

ほとんど姿が見えてきたような気がしますね。



そして、美月はイクオとタツヤの関係も、更にはイクオが警官になった理由も、
全てを知ってしまいました。

果たしてイクオと美月の関係はこれからどうなって行くのでしょうか。




以上、ウロボロス第18巻~前半~ あらすじと感想を終わります。



つづく、第18巻~後半~ あらすじと感想はこちらから。



◆◆目次ページはこちらです!!◆◆



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ファミコン用語辞典

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。