So-net無料ブログ作成
検索選択

ウロボロス漫画第18巻~後半~ あらすじと感想(ネタバレ有り) [コミック]



◆ウロボロス第18巻~後半~


さて、いよいよウロボロス最新刊の第18巻後半のあらすじと感想です。

第19巻がでるまではこの第18巻が漫画ウロボロスの最新刊になります。

果たして、イクオとタツヤはどこまで金時計の男の正体に近づくことが
できるのでしょうか。




日比野監察官の遺体安置所に美月の姿がありました。

好き勝手に生きて、好き勝手に死んで・・・!

美月は死んだあとも父親を責め立てます。

家族のことを顧みなかった父親をこころの底から憎んでいるようにも
見えますが、本当は父親の愛情を受けることができなかった寂しさから
父親にきつい言葉を投げつけているようにしか見えません。

美月も悲しかったんでしょうね。



そこへ、イクオが現れます。

イクオは美月に携帯の着信履歴を見るように言います。

日比野監察官が最後、撃たれる直前に美月の携帯に連絡をいれていたようです。


美月は父親からの留守電の声を聴きます。


ひとつだけ、私の望みを聞いて欲しい。母さんの墓参り次は一緒に行かないか?

もう一度だけ許されるのなら欲しいんだ 家族三人の時間が・・・・


美月は涙で顔をぐしゃぐしゃにしてイクオにもたれ掛ってしまいます。


美月は自分と同じだ.....

     ・・・・・世界で一番大事な人を殺された悲しい人間




その後、イクオは収監中の聖副総監に面会に行くことにします。

今鍵を握っているのは、おそらくまほろば事件の真相を知っている聖副総監
しかいないと考えているんです。


聖副総監との面会で、金時計の男を聖副総監がなぜ庇うのか問い詰めるイクオ。

聖副総監は、17年前のまほろば事件のことを全てイクオに話し始めます。



当時聖は警視庁捜査一課の捜査員で、まほろば事件の現場にいたんです。

さらに、日比野監察官もまた同じ現場にいました。


日比野監察官は、まほろばの黒幕を聖だと思っていてずっと聖を狙っていたんです。



君らが捜す「金時計の男」の正体は残念ながら私ではない。私に最も近い人物


当時の私の相棒


イクオは「誰なんですかソイツは?」と聖副総監に詰め寄る。


言えん」  「相棒を売ることはできん」という聖。


彼は、新人の時に、自分の手柄への焦りから危機一髪のところを相棒に助けられ、
その場で誓ったんです。

たとえ正しかろうとそうでなかろうと、この先どんなことが起ころうと、

私の命は彼の為に殉じようと....



彼は私の唯一無二の相棒だ。

お前にもいるだろう相棒が...お前は相棒を売ることができるのか?



金時計に繋がる手がかりを探して、イクオと那智は小夏に会いに行きます。

小夏は頭に包帯を巻き、足を引きずりながら病院の廊下を歩いていました。


犯人が男だということ以外、小夏は覚えていないようですね。

日比野監察官が殺されたのは自分のせいだと自分を責める小夏を慰めて、
イクオと那智は病院をあとにします。


那智は、イクオからウロボロスのネックレスを預かると、ICチップにあった、
サオトメのサインを引出し、病院関係に聞き込みを開始することに。

カルテに書かれたサオトメの正体を突き止めれば金時計の男に一歩近づけるはず。



イクオは美月を見舞いに訪れ、一緒にパラダイスに行こうと外に誘い出します。

イクオの言うパラダイスとはファミレスのことでした。笑;


月に一回だけ結子先生に連れて行ってもらったファミレスがイクオにとっての
パラダイスだったんです。

そして、ファミレスからの帰り道、イクオは美月のことが好きだと告白をします。




一方、地道に聞き込みを続ける那智はついにある情報を入手します。


サオトメは名前を早乙女哲郎と言って、大変優秀な国内トップの移植だったこと。

突然行方不明となり、飛び降り自殺をしたこと。

そして、早乙女医師には当時、心臓移植が必要なほど重病だった一人娘がいたこと。






◆◆第18巻~後半~を読んでの感想◆◆



はい、やっちゃいましたね。

ウロボロスも第18巻ここにきてネタがバレバレになってきた感ありありですね。

金時計の男の正体が聖副総監の当時の相棒ってもう調べりゃわかりますよね。


それになんですか那智っちの変身ぶりは、またカッコいいじゃないですか。

ヘタレで弱っちかった那智が多少逞しくなった気がしますね。


そして聖副総監はやっぱカッコいいです。

例えどんなに悪行を重ねても、自分の命を救ってくれた相棒を売るようなことは
決してしない。

そう決めた、聖副総裁は男です。


タツヤがいない18巻ですが、今頃どこで何してんだか、タツヤ早くでてきてちょーっ


なんだかんだでもう少しで漫画のウロボロスも完結しそうな雰囲気ですね。


一気に第1巻から第18巻まで読ませて頂きましたが、かなりのスピード感と犯人捜しの
面白さ、意表を突くようなストーリー展開と結構これ面白かったですね。


面白かったって、まだ終わったわけではありませんがね。



以上、ウロボロス第18巻~後半~ あらすじと感想でした。

ではまた、19巻が出るまでしばらくはテレビドラマで楽しみましょう。


◆◆目次ページはこちらです!!◆◆



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ファミコン用語辞典

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。